将棋

『天才棋士加藤一二三 挑み続ける人生』の棋譜メモ

『天才棋士加藤一二三 挑み続ける人生』(加藤一二三/日本実業出版社)


天才棋士 加藤一二三 挑み続ける人生』(加藤一二三/日本実業出版社)を読みました。2017年11月20日初版。単行本のみで、電子書籍は出ていません。

昨今、藤井聡太本と並んで出版ラッシュとなっている加藤一二三本の一冊です。バランスのとれた構成になっており、加藤一二三入門の一冊目としてもおすすめできます。

加藤先生の天才観、人生観、勝負観については本書を読んでいただいたり、様々な媒体で活躍されている加藤先生の発言・文章を参照していただければと思います。

ここでは、本書に登場した加藤一二三先生の棋譜へのリンクを貼っていきます。まぁ、個人的なメモという意味合いが強いですね。使用するのは『将棋DB2』です。

①第7期十段戦第4局1968年(昭和43年)12月3,4日 vs大山康晴十段

棋譜リンク

見出しに「7時間考えて思いついた三手一組の絶妙手」とあります

②第16期十段戦第6局1977年(昭和52年)12月21,22日 vs中原誠十段

棋譜リンク

本文に「昼休みを挟んで、聖イグナチオ教会のミサにあずかってから、何かあるはずだとさらに考え3時間近くの大長考となった。そしてついに打開策を発見!」とあります。

③第28期王将戦第5局1979年(昭和54年)2月7,8日 vs中原誠王将

棋譜リンク

本文に「これが「ひふみんアイ」の誕生の局面」とあります。

④第40期名人戦第8局(千日手指し直し)1982年(昭和57年)7月30、31日 vs中原誠名人

棋譜リンク

加藤一二三名人獲得の一局。本文に「私の長い棋士生活の中で、最もドラマチックな一局である。」とあります。

⑤第88期棋聖戦二次予選2017年(平成29年)1月20日 vs飯島栄治七段

棋譜リンク

見出しに「引退決定日の翌日に魅せた、意欲的新手」とあります。

※リンク先は「将棋DB2

加藤一二三先生の魅力と天才性が詰まった一冊でした。