将棋

エルモ右銀急戦!(将棋ウォーズ戦記2)

将棋ウォーズ戦記2

元奨将棋エンジョイ勢の将棋ウォーズ戦記2回目です。2019年3月19日の対局解説となります。

エルモ右銀急戦!(対五段、10秒)

先手の三間飛車に対し、後手の僕が「エルモ右銀急戦」を仕掛けたところです。
先手の▲4六歩が入っているのは、▲4六角がなくなるので後手のポイント。しかし、局面自体は互角としか言えない感じですね。

上図での候補手
①▲7五同歩(本譜の進展)
②▲6八角(互角)
③▲5九角(互角)
④▲6五歩×(△7七角成▲同桂△7三銀で後手有利に)

振り飛車らしい先手の捌き


前図より▲7五同歩△同銀▲6五歩(上図)と進展しました。相手の攻めを引きつけてから捌くのが振り飛車らしい感覚です。
※▲6五歩では▲9五角の「幽霊角」で互角の形勢。互角であれば実戦的に振り飛車勝ちやすい


前図より△7七角成▲同飛△7六歩▲同銀△6六銀▲7八飛△8六歩▲6七銀(上図)と進みました。

部分的にはお手本にしたい振り飛車側の捌きです。居飛車側の囲いによっては振り飛車優勢になりそうですが、後手の構えはエルモ。一筋縄ではいきません。

渋い最善手


前図より△6七同銀成▲同金と進んで上図。

△8七歩成は▲7一飛成と先手で龍を作られて嫌な感じです。飛車成を受けたいのですが、僕が指したのは次善手でした。


前図より△4四角で上図。

攻防手ということで△4四角と打ったのですがこれは次善手でした。

△4四角では△6一金とじっと金を寄っておいて後手有利。飛車先突破が約束されているので、紛れが少ないのです。

次の一手


前図から数手進み後手の手番。ここでの後手の次の一手を考えてみてください。

 

 

△9四角が「龍金両取り」で後手優勢。
浮き駒と持ち駒の角があれば両取りがかからないか探してみるとよいでしょう。

以下駒得から手堅くまとめて後手勝ちとなりました。

まとめ

エルモ右銀急戦は、振り飛車党の目が慣れてきたのか以前ほどあっさり勝てる感じではなくなってきているような気がします。

初撃の急戦が上手くいかなかった後の、亜急戦の局面での戦いのコツを身に着けるのがエルモ愛好者の課題となるでしょう。振り飛車のほうが方針がわかりやすいので、エルモ側が形をまとめるのは結構大変なんです。

参考:
将棋ウォーズ公式サイト
かなきち道場 エルモ囲い右銀急戦 徹底研究。