将棋

早繰り銀の基本を確認DA!(将棋ウォーズ戦記3)

将棋ウォーズ戦記3

一日3局の対局ではブログで紹介できるような見所のある将棋が指せるとは限りません。You Tuber的には「撮れ高」。我々にとっては「指し高」とでも名付けましょうか。そういうのが全然ない日もあるわけです。

今日は「指し高」的にダメダメだった将棋の紹介と、基本の復習をしてみたいと思います。

角換わり早繰り銀(vs五段、10秒)


角換わりの出だしから「早繰り銀」に構え、▲5八玉と上がった局面です。▲5八玉と上がった理由は研究の裏付けがあるとかではなく・・・・・・なんとなく。前もって食べログとかで店を調べて準備してたのに、急にラーメンが食べたくなって暖簾をくぐっちゃう――みたいなのあるじゃないですか。


△4四歩に▲3五歩と仕掛けた手が悪手で、△4五歩とカウンターを食らって困ってしまいました。以下、▲3四歩には△4六歩▲3三歩成△4七歩成が王手で入っちゃうんです。5八玉型の悪いところが出てしまった形ですね。


▲3七銀と引かされ、△3五歩と取られた上図はかなり辛い感じ。僕の膂力(りょりょく)では勝負形に持ち込むことはできませんでした。惨敗。


戻って△4四歩には▲3七桂で互角の勝負。以下先手は、▲2六飛~▲3五歩~▲3八金といった形を目指します。相掛かりの「中原流▲3七銀戦法」とちょっと似ていますね。ただ、先手が好んで指す形じゃないかなーとは思います。

早繰り銀6八玉型の例の筋を確認!

▲3五歩からの仕掛けが成立するかは、微妙な形の違いで変わってきます。本譜の5八玉型では駄目だったのですが、6八玉型だったらどうだったのでしょうか?

上図以下、△4五歩▲3四歩△4六歩▲3三歩成△4七歩成▲3二と(下図)。

金得した先手が優勢と思いきや、ここで後手に厳しい反撃の一手がありました。


△4六角が厳しく後手優勢。準王手飛車的な厳しさなんです。この変化は有名ですよね。
ここから後手が勝つにはある程度棋力が必要だと思いますが、先手が駄目な変化であることは間違いありません。

5八玉型、6八玉型が駄目だった・・・・・・とくれば、6九玉型はどうなんでしょう?

6九玉型で仕掛けてみる


6九玉型で▲3五歩と仕掛けてみました。以下、△4五歩▲3四歩△4六歩▲3三歩成△同金▲4六歩△4七角(下図)と進みます。6九玉型なので後手は▲3三歩成に対し素直に△同金と応じています。


△4七角と打ち込まれた上図をどう見ましょうか。後手は馬を作ることができますが、玉形は先手のほうがよくなるので互角の勝負と言えそうです。

6九玉型での別の変化


▲3五歩に対して△同歩と取る変化も考えられます。以下、▲同銀△3四歩▲2四歩と進んで上図。

先手の斜め棒銀が成功したようですがここで後手に「秘手」がありました。


△1四角!

この筋を初めて知った時はびっくりしました。floodgateで見たのか、プロ棋戦の解説で見たのか忘れましたが、多分、これもプロ達の水面下の研究では常識になっている一手ではないかと思います。

意味としては「2三」の地点を受けながら、△4七角成と王手で成り込む手を用意している――という感じです。先手は銀取りが残っているのでなかなかに忙しい局面なのです。▲2三歩成には落ち着いて△同金と取っておき、やはり銀取りと△4七角成の両狙いが残ります。

まとめ

6八玉型も5八玉型も6九玉型も冴えない感じですが、最近のプロの早繰り銀はどうなっているんでしょうね。ちょっとした形の違いで結論が変わる戦法なので研究のしがいはありそうです。

参考:
将棋ウォーズ公式サイト