将棋

将棋ウォーズ戦記4

次の一手形式でお送りします。

そんなにハイレベルの手は出てきません。でも将棋ウォーズ10秒や3切の三段ぐらいまではそうした当たり前の手で勝負が付いてしまうものなのです。

では僕の将棋ウォーズでの実戦から取材した4題をどうぞ!

対嬉野流(対六段、10秒)●


嬉野流に対して無策で構えていたところ、セオリー通りに「攻めの銀と守りの銀の交換」をされてしまった局面です。上図は先手番。どう決めましょうか?

 


▲6五角で先手優勢。次の▲8三銀の飛車取りと、▲4三角成が厳しく後手収拾困難です。僕は△6一角と受けましたが、▲3四銀と追撃されなすすべなしとなりました。

この筋は嬉野流の成功パターンなので覚えておいて損はないでしょう。(負けたくせに教師ぶるのは気持ちがいい!

対四間飛車(対三段、10秒)○


先手が狙い通り▲6八角と引いた局面。次の▲2四歩からの突破が受からず先手優勢にみえますが後手にはうまく受ける手がありました。

 

 


△4一銀があまり見かけない受けの非常手段でした。以下▲2四歩と仕掛けると、△同歩▲同角に△2二飛が利きます。▲2五歩と押さえますが△4四角とかわしておいて後手捌け形となります。
先手も▲2四歩とは仕掛けられないため、▲3六歩や▲7七桂、▲5七銀などと指して一局の将棋となります。

実戦では後手が△4一銀ではなく△7一玉と指したため▲2四歩から飛車先を突破して先手優勢となりました。

△4一銀と引く形はレアケースですが、振り飛車党なら引き出しにしまっておいてよい手でしょう。

角換わり(対三段、10秒)○


早繰り銀から一気の攻めを断念し力戦調になった局面です。上図での△7三桂が隙を作った一手でした。先手番で優勢に導いてください。

 

 


▲4一角が急所の打ち込みで先手優勢。▲7四角成を受けるためには△8四飛と浮くしかありませんが、▲5二角成と馬を作っておいて先手ややよしとなります。(▲4一角では先に▲3六歩△4四銀を入れたり、▲7五歩を入れたりしても先手優勢)

△7三桂では△6三銀と引いて互角の形勢でした。とにかく後手は▲4一角さえ打たせなければ相当戦える局面だったのです。

対角交換振り飛車(対三段、10秒)○


先手番。△3三銀では先に△8二銀(△7二金)が安全でした。先手優勢に導いてください。

 


▲6五角で先手優勢。▲8三角成と▲4三角成を同時に防ぐことができません。角交換して穴熊に組む時は、駒が偏りがちで角打ちの隙ができることが多いので気をつけましょう。

受けの形としては上図で△7四角という手がありますが、▲4三角成△5二金左▲2四歩!で先手優勢です。(△5二金右には▲7五歩や角を切って▲7五金で優勢)よくある定跡形と比べて後手玉の形が悪いのです。

 

レベルの高い将棋を指して勝った――ってパターンは最近特に少ないですね。その分、わかりやすい次の一手が作れるというメリットはあります。「初段になるための次の一手」ぐらいの水準を目指して局面を選んでいけたらと思います。まぁ、初段向けの次の一手を実際実戦で9割程度指せるようになれば既に初段ではない説もありますね。これは練習と実戦の違い。

たまったら出す!」(生徒会役員共)

ということで、ウォーズの実戦が溜まったら更新していきます。