コラム

イトシンTVで対局した(4)イトシン先生の華麗な攻めと幻の勝負手

前回のあらすじ

中盤で落ち着いた手を指し続ける橋本だったが、それはチャンスを逃しているだけだった。ここからイトシン先生の華麗なる反撃が始まる!

前回記事:イトシンTVで対局した(3)見かけの老獪さに価値はない

前回終了図(図5)

イトシン先生の華麗なる攻め!

凧揚げの金

(図5以下の指し手)
△5三金 ▲3五歩 △5四金▲2四歩 △同 角 ▲3七桂 △6五金 (図6)

(図6)

居飛車からの攻めが一段落したのをみて、イトシン先生は△5三金~△5四金~△6五金と急所に金を活用していきます。まるで金が凧揚げされているかのような動きで、先手は対応に困ってしまいました。次に△7六金が角当たりとなり、▲7七角と上がった一手をとがめています。

相手が指した手に悪手の烙印を押しにいく。プロの先生は解説しながらの10秒将棋でこういった手が見えるのです!

一瞬の勝負手

(図6以下の指し手)
▲8六角 △6四歩▲7七桂 △7六金 ▲6四角 △3六歩 ▲同 飛 △6六歩▲同 歩 △4五歩 ▲同 桂 △4四銀 ▲7四歩 △6二飛▲7三歩成 △同 銀(図7)

(図7)

イトシン先生のエルモ攻略が始まりました。

△3六歩は覚えておきたい「たたきの歩」という手筋で、この場合は先手の飛車の働きを悪くしています。△6六歩はエルモ囲いの急所を突いた一手。強い振り飛車党の人にエルモ囲いをすると、かなりの確率で6六、6七の地点を攻められます。どんな囲いでも玉のこめかみは急所になるのです。

ボコボコボコボコ・・・・・・と音でも響いてきそうなイトシン先生の手筋が決まり、サンドバッグ状態になってしまいました。しかし、将棋は難しいゲームで、確実な決め手指さない限り決定的な差は付かないものです。

図7で僕は▲3一角成と指しました。価値の高い角を逃げて馬を作るという常識的な一手です。そして、その後チャンスらしいチャンスには恵まれませんでした。そう、また機会を逃したのです!

実は図7では▲7三同角成!という勝負手がありました。以下、△同玉▲5三銀(参考図)とからんでどうか?

(参考図)

ソフトで検討してもかなり難解な形勢です。細かな形勢はさておいても、勝負手として▲同角成を選択するべきでした。とにかく後手玉が露出して見える形になるのが大きいのです。▲7三同角成はアマチュアでも大会などで厳しい将棋を続けている人には見える手だと思います。

僕は凡人なので全く気付きませんでした。チャンスが傍らにあったとしても気付かずに通り過ぎてしまう――。ラブコメ漫画の激ニブ系主人公かよって感じですね。漫画ではヒロインはずっと主人公のことを好きでい続けてくれますが、現実では通り過ぎちゃうか、他の人に惹かれていきます

行ける時にいっておけ!
勝負ができる時に勝負しておけ!
今勝負できない奴は次の勝負の機会が巡ってきた時には気付かず通り過ぎてしまう

なんだろう。人生過ぎますね。

次回は最終回。イトシン先生が最終盤で放った絶妙手に注目です!

(つづく)

次回:イトシンTVで対局した(5)グランドフィナーレ!プロがみせた絶妙手!

参考

四間飛車vsエルモ囲い右銀急戦 将棋ウォーズ実況 第21回/イトシンTV

 

本の紹介:

女性初のプロ棋士を目指す弾塚光の戦い!おすすめの本格将棋漫画です!

フィクションが現実になるとき――漫画『将棋指す獣』に見る“女性棋士”という存在・・・・・・ウェブ大手サイトねとらぼで漫画評を書かせていただきました。1巻の時点では書評者としてまだ「ツン」って感じですけど、話数を重ねるごとに面白くなり、現在は相当「デレ」ています。