コラム

イトシンTVで対局した(5)グランドフィナーレ!プロがみせた絶妙手!

前回のあらすじ

橋本が消極的な手を指した後はずっとイトシン先生のターン!橋本はその中で訪れた一瞬の隙を見逃してしまう。しかし、将棋は明確な決め手を指さなければ終わらないもの。イトシン先生に舞い降りた「神の一手」とは?

前回記事:イトシンTVで対局した(4)イトシン先生の華麗な攻めと幻の勝負手

前回終了図(図7)

グランドフィナーレ

イトシン先生は悲観派?

(図7以下の指し手)
▲3一角成 △4五銀 ▲同 銀 △7五桂▲同 馬 △同 金 ▲5六飛 △3五角 ▲7四歩 △同 銀▲7六歩 △6六金 ▲8六桂 △7三歩 ▲6三歩 △同 飛▲7四桂 △同 歩 ▲6四歩 △同 飛 ▲6五歩 △7七金▲同 玉 △6五飛 ▲5四銀 △8五桂 ▲8六玉(図8)

(図8)

一気に進めました。▲3一角成以降ではわかりやすい勝負手や粘りの手順は見つけられませんでした。イトシン先生の対局中の解説では、後手が少し苦しげという感じでしたが、実際は後手有利の局面が続いていました。

番組を盛り上げるためのサービストーク……というよりも、イトシン先生は「形勢悲観派」なのかもしれません。

悲観派と楽観派

対局中、自分の将棋の形勢を実際よりも悪くみがちなのが「悲観派」。よいとみがちなのが「楽観派」。それぞれ、メリット・デメリットがあり、どちらがいいかはいちがいには言えない。

悲観派は自分のほうが少しよい将棋でも、苦しいと感じているため、ギリギリまで本気で考えて指すことができる。しかし、少し悪い程度なのに敗勢と思い込み、早い段階で諦めてしまうこともある。

図8まで進み、イトシン先生は先手玉を追い詰めることに成功しました。あと一手好手を指すことができればそのまま勝つことができそうです。ただこの、勝ちまであと一歩という局面が一番逆転されやすいもの! 図8では相手に大量の駒を渡す寄せを選んでいるので、一手間違えば奈落の底に落ちかねません。

しかし、そこは流石プロ。イトシン先生は図8で「神の一手」を指しました。みなさんも少し考えてみてください。

イトシン先生の神の一手!

(図8からの指し手)
△6七飛成(図9)

(図9)

△6七飛成!と指された瞬間、全身に電流が流れました。指された瞬間に「決め手だ!」とわかったのです。同時に感動して「すごい手で決めてくれてよかった」と思いました。

△6七飛成に対しては▲同銀と取る一手なのですが、僕は▲6五銀打と指しました。10秒の間でまず▲同銀と取る手を読み、明らかに負けだと悟ったからです。それから残りの1、2秒で他の手を探し着手したのです。

取れなければ負けだとわかっていても、取ることができない――。この微妙な勝負の綾を感じ取っていただければと思います。

いずれにせよ、この瞬間後手玉が「ゼ」なのが大きく、イトシン先生の勝ちになっています。

「ゼ」とは?

「絶対詰まない状態」の略語。「ゼット」「Z」などと言うこともある。現代将棋における終盤の考え方において外せない概念

(図9以下の指し手)
▲6五銀打 △7七角 ▲同 銀 △同 龍 ▲8五玉 △8四歩▲同 玉 △8三銀まで104手にて後手itoshinTVの勝ち(図10)

(図10)

投了図以下、▲8五玉△7三桂で詰みになります。(△8四歩は打ち歩詰なので要注意)

対局の感想

いや~、強かった。

中盤ぐらいまで善戦させてもらいましたが、掌の上で泳がされていたという感じでした。
対エルモにおいてイトシン先生もまだ決定的なものを見いだされていない、ということもあったと思います。それだけエルモ急戦が有力で難しいということなのでしょう。

中盤での後悔はいくつかありましたが、イトシン先生がプロらしい格好いい手で決めてくれたので斬られたほうとしても満足です。YouTuber的に言えば「撮れ高」があったってやつですね。

伊藤真吾先生のYouTubeチャンネルイトシンTVは投稿頻度が高く、クオリティも高いのでおすすめです!

どこの業界でもプロがYouTuberとして参入するようになってきています。その波がようやく将棋界にも届いたということでしょう。香川愛生プロ、伊藤真吾プロに続いて単独でYouTubeチャンネルを持つ棋士は現れるのでしょうか。将棋YouTube業界の動向に注目です。

そういえば、奨励会をやめてから初めてプロ棋士の先生と将棋を指したことになるのかもしれません。イトシン先生、ありがとうございました!

(おわり)

参考

四間飛車vsエルモ囲い右銀急戦 将棋ウォーズ実況 第21回/イトシンTV

その他:「変女」の此ノ木よしる先生がYouTubeチャンネルを開設!

漫画家・此ノ木よしる先生のYouTubeチャンネル
……最近、僕が応援している「変女」で有名な漫画家の此ノ木よしる先生がYouTubeチャンネルを開設されました


↑Vtuberになって自分の漫画のキャラクターと会話するよしる先生!

ツイッターではよしる先生のフォロワーは5万人を超え、変女botのフォロワーは7万人を超えていますが、YouTubeチャンネルは始めたばかりということもあって登録者数は3000人程度です。(2019年6月時点)

変女という漫画が持つポテンシャルと、よしる先生達の謎の技術力と情熱でこれから大きくなっていくチャンネルだと思います。ただやっぱりYouTubeというのは、他のプラットフォームと勝手が違うようで、成功するためには別のノウハウが必要みたいですね。

てっとり早く登録者数を増やそうとするならば、有名YouTuberとのコラボなどの施策が考えられるでしょう。


↑よしるチャンネルができる以前に投稿された、てんちむ×変女コラボ動画。現時点(2019年6月)で50万再生突破!てんちむさんの動画は元々平均再生数が多いですが、それでも50万再生は大きな数字だ

ただ、そういう特別な施策をしなくても、現在の様々な試行錯誤も十分に魅力的なので、もっと大きくなっていってもらいたいですね。変女を読んでいる人、変女botをフォローしている人、AIやVtuber関連の技術に興味のある人は絶対に見て損はしないですよ!

変女関係は単独で記事を書いたほうがよかったかも。来月7月に変女の最新13巻が発売されるようなので、その時にまた何か書いてみたいと思います。

 

本の紹介

↑恋愛漫画マスターのせいほうけい先生が描く将棋恋愛漫画!無料で読むことができます!