コラム

日記(2020年7月27日)

日課

ウォーキング&リスニング

昼食後、市内総合公園を一時間半ほど散歩。お供は「忘れられた巨人」(カズオイシグロ)。竜の存在、竜を討とうとする戦士、霧の正体、戦士を探し出し殺そうとする卿……。

トピックス

アベノマスクおかわり!?

布マスク8千万枚、今後さらに配布 不要論噴出でも…9業者に発注済朝日新聞DIGITAL
勘弁してくれ……。

将棋

将棋ウォーズ

10秒、四段、三段、四段と指して、〇〇〇の三連勝。


上図は三局目の対四段戦。▲4六銀・▲3七桂型急戦に対し、振り飛車側が△3二金型で受けてくるパターンです。既に定跡を外れている形で、ソフト検討をやっといたほうがいいかな~ということでやってみることにします。


ここで▲2六飛~▲1六歩が形を決め過ぎで、▲7六歩や▲6八銀がおすすめとのこと。場合によっては、▲2九飛~▲4八金の形にすることもあるので、今、飛車の位置を2六に決めるべきではないのです。
と言えそうなのですが、短時間の解析じゃあわかんないなぁ。

実戦的に△3二金型では、振り飛車側の囲いが相当薄くなるので、互角の捌き合いなら居飛車有望……みたいな形になりやすいです。
振り飛車側も△3二金型にするなら、△4二角~△6四角~△3三桂~△4五歩みたいな手が狙い筋になるようですね。