コラム

日記(2020年7月29日)

小説関連

改稿・修正

今日からしばらく改稿・修正。
連載を複数本抱えていたり、数ヶ月毎に本を出すような人は、常に手元に手直ししなければならない原稿を抱えているのだろうな。

トピックス

新型コロナとPCR、ハーバー・ビジネス・オンラインvsバズフィード

PCR拡充派(ハーバー・ビジネス・オンライン)とPCR慎重派(バズフィード・ジャパン)の戦いが続いています。

ハーバー・ビジネス・オンライン(HBO)はフジサンケイグループの傘下である扶桑社が運営するニュースサイト。フジサンケイ、扶桑社というと政治的には保守というイメージですが、HBOは保守は保守でも反主流派の保守で、リベラル・左翼からの投稿も多いです。

一方のバスフィード・ジャパンはアメリカのバズフィードとYahoo!Japanが株を持ち合っているジョイントベンチャーであるらしい。こちらは、リベラルど真ん中という印象があります。

HBOでPCR拡張の主筆を張っているのが、牧田寛(コロラド先生)という人で、
なぜ日本だけが囚われる「PCR検査抑制デマ」が生まれたのか? その根源に迫る
日本医師会にも棄却された「検査をすると患者が増える」エセ医療・エセ科学デマゴギー
現実と数字を見れば一目瞭然。PCR検査特異度が99.9999%と99%でも「議論が変わらない」のデタラメさ

など最近、特に矢継ぎ早に記事を出して、PCR慎重派のデタラメを指摘し続けています。

バズフィード・ジャパンの記事では、
必要なのは、全ての無症状者への徹底的なPCR検査ではない。尾身会長「100%の安心は残念ながら、ない」
「あらゆる人に検査を」で得られるのは偽物の安心。PCR検査の特異度が99.9999%でも、議論は変わらない

などが最近の言及となっています。バズフィード・ジャパンのPCR慎重派記事の主筆は岩永明子という人なのかと思っていましたが、今は違う方が書いているみたいですね。

メディアの知名度ジャンケンでは、バズフィード・ジャパンの圧勝で、論者としてもバズフィード・ジャパンが話を聞いている相手のほうが日本国内では有名で地位が高かったりします。
とは言え、実際の議論においては牧田氏が圧勝しているように見えます。また、PCR慎重派は権威ジャンケンにおいて国内では圧勝していますが、海外の事例などを含めると逆に圧敗しているように思えます。

ベイズ推定を当てはめて、PCR拡充派を嘲笑するロジックというのは、数か月ぐらい前から存在していました。

基本的な数学でコロナウイルス検査を全員にしても意味がないことを証明してみた【PDR検査】Stardy -河野玄斗の神授業
むやみな検査を行ってはいけない理由、数学的に説明します【条件付き確率】式変形チャンネル
【医師解説】全員にコロナウイルス検査をしても意味がない理由現役医師プロポ先生のYouTubeクリニック

みんな同じ説明ですね。
PCR慎重派の医クラの主張も同様のものだったように思います。

PCR拡充派の反論が強くなってきている現在、ベイズ推定を元に慎重論を唱えていた面々は今もそのように考えているのか、はっきりと言うべきです。間違っていたなら、間違っていたとはっきり言うべきです。
特に数学系のアプローチで慎重論を唱えた人は、論理は間違っていなかったが、前提が間違っていた――という釈明が可能です。

ソフトバンクG、唾液PCR検査で新会社-クラスター抑制研究もブルームバーグ
3月頃にPCR検査参入を言ってネット上で叩かれまくった孫正義が、再び参入を宣言。ネット上ではまだまだ慎重派の発信力が強いですが、実際の風向きは変わってきているようですね。

アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~


Amazonオリジナルドラマ全10話『アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~』見ちゃいました。Amazonオリジナルドラマへの期待度はあんまり高くなかったのですが、これは面白かったです。
日本ラノベ系のデジタルな世界に入ってしまう類の話とは違って、デジタルと現実の間の葛藤がしっかりと描かれているのです。
主人公のネイサンの死因をサスペンスの吊りとしながら、カスタマーサービスのノラとの恋愛劇が本線となっています。恋愛障壁が「死者対生者」「デジタル世界対現実世界」という難しさで、そこに「貧富の差」や「人種差」などが加わって妙味を出しています。
ノラ役のアンディ・アローが非常に魅力的。

Amazon新作ドラマ『アップロード』が早くもシーズン2へ更新!キャストが新シーズンに望むこと海外ドラマNAVI

シーズン2も決まっているということで、Amazonに入ったら1話はチェックしてみようかなと思っています。

将棋

将棋ウォーズ

10秒、三段、七段、三段に〇●●の1勝2敗。
三戦目の対三段は新型エルモで攻めが空振り、瞬殺された。
対七段は相雁木で経験値負け。